安心して仕事をする

手

時短勤務等、企業では子供のいる女性向けの支援制度をいろいろと作っています。正規の就業時間より早めに仕事を終え、保育園などに子供を迎えに行く女性の姿も多いのですが、企業内保育があればさらに安心して働ける女性が多くなります。仕事を早めに切り上げて保育園に行くといっても、毎日余裕を持って迎えに行ける訳ではありません。繁忙期にはまわりが忙しそうに働いている中を帰宅する後ろめたさも多少はあるでしょうから、帰宅時間が少々遅くなることもあるのです。しかしそういった場合でも、企業内保育があればあまり時間を気にする必要はありません。子供の顔も見に行くことが出来ますので、何かと都合がいいのです。従って企業内保育を望んでいる女性は多いです。

企業内保育を行った場合、様々なメリットが考えられます。働くお母さんは昼食を子供と一緒に食べます。この時、同じく小さな子供のいる他部署の人とコミュニケーションがもてることにもなるのです。また、仕事中に子供に熱が出たような場合でもすぐに駆けつけることが出来ます。これが普通の保育園に子供を預けているような場合ですと、携帯に保育園から電話があって仕事を早退し、子供の姿を見るまではやきもきして迎えに行かなくてはなりません。従って精神的にもその間は非常につらいのですが、企業内保育によってそういったことも軽減されるのです。企業内方保育施設を作り、女性が安心できる職場ということをアピールすれば、女性の就職希望者も増えるのです。